千円で「ふぐだしラーメン」味わえる時代 (1/2ページ)

2016.04.08

ふぐだし潮 八代目けいすけ(東急プラザ銀座B2階)
ふぐだし潮 八代目けいすけ(東急プラザ銀座B2階)【拡大】

 3月31日、銀座数寄屋橋交差点にオープンした銀座最大級の大型商業施設「東急プラザ銀座」。果たしてここにはラーメンが入るのか。入るとしたらどの店か。銀座の目玉ビルだけに注目だった。その出店資格を獲得したのは「けいすけグループ」。

 黒味噌の「初代けいすけ」、海老そばの「二代目けいすけ」、三代目はトマトスープで出したが、その後閉店、四代目は焼きつけめん、五代目は塩、六代目は肉盛り、七代目はブラックつけ麺(閉店)、ひとつ飛んで九代目が「鴨そば」。味やコンセプトを変えて新店を増やしていった「けいすけグループ」。その飛ばした「八代目」がいよいよお披露目する。しかもその「東急プラザ銀座」に出店するのだ。

 銀座といえば「鴨そば九代目けいすけ」を1年半前にオープンしたばかり。今回は満を持して一つ戻って「八代目」。そしてその選ばれし食材は、なんと「ふぐ」。

 店名の正式名称は「ふぐだし潮 八代目けいすけ」。ふぐだしのラーメンもある、という中途半端な出店ではなく、「ふぐラーメン」の専門店なのである。しかも基本のラーメンは1000円。1000円でふぐだしラーメンを食べられる時代がやってきたのである。

 食べたのは「ふぐだし潮らーめん」1000円+美味玉たまり漬け150円。とてもきらびやかな表情は、玉子の黄身も目立つがふぐの白い身、穂先メンマの茶色、野菜の緑などがカラフルで実に食欲をそそる。麺は自家製の全粒粉入りの細平麺で和風よりの麺。スープは、ふぐだしの清湯を天然塩と沖縄の海水塩をブレンドした塩ダレで仕上げている。じんわりおいしくてグイグイ飲んでしまうけど、飲み過ぎ注意。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。