「えなみ」グループから目が離せない (1/2ページ)

2016.04.15

自家製麺うろた(福島市)
自家製麺うろた(福島市)【拡大】

 福島市に味やコンセプトの違う3店舗を展開し、いずれも行列店にしているグループがある。店主は江南太郎氏。

 首都圏の大勝軒系の店などで修業した後、店主の姓をそのまま店名にした「自家製麺えなみ」を2009年9月にオープン。福島駅からは車じゃないと行けない立地だったが行列ができる人気店にした。メニューはいわゆる豚骨魚介系のつけめんと中華そば、清湯の鶏塩そばなど。

 そして2号店「自家製麺くをん」を12年9月にオープン。こちらは福島駅から徒歩4分ほどなので出張に来た人やラーメンマニアなら新幹線の途中下車してでも来られそうな距離感。ただし、こちらも今や行列店なので、それなりの時間を用意しておかないと大変。

 年季の入った建物でよくこんな物件を見つけたな〜と感心。しかもこの建物が味を出していていい。一番のウリは太い自家製麺としょっぱいつけ汁のつけめん。お客の半分くらいはつけめんを注文。ご飯物をセットで頼んでいる人も多い。

 そして残る半分は「二郎風」と言ってもよい「タローラーメン」。キャベツともやしの野菜が山のように盛られ、大きなチャーシューも付いて食べきれるのか、というボリューム。味を濃いめに作ってあり、「しょっぱい美学」があるようだ。しかし何気にシンプルな「中華そば」もうまい。このグループはどのメニューも(サイドメニューも)良くできているのである。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。