舛添氏元愛人の父が怒りの告発 子供認知も冷ややかな態度…養育費減額を要求 (3/3ページ)

2016.05.28

首都のリーダーである舛添氏には、法的問題とともに、モラルが問われている
首都のリーダーである舛添氏には、法的問題とともに、モラルが問われている【拡大】

 「幼少時代、舛添氏は貧しかったそうですが、それが尾を引いて『一銭も身銭を切らない』ような性格になってしまったのでしょうか。とにかく、他の人では考えられないような話ですよ。ああいうのは死ななきゃ治らないでしょう」

 確かに、都民・国民は、政治資金を家族旅行に流用していた政治資金規正法違反(虚偽記載)のようなレベルの疑惑だけでなく、舛添氏の人間性を示すエピソードの数々に不信感・嫌悪感を覚え、世論調査で約7割が「辞職すべきだ」と突き放しているようだ。

 舛添氏は27日午後、3度目の釈明会見に臨んだ。その前日、遠慮のない言動から「イブキング」の異名をとる自民党の伊吹文明元衆院議長は、顧問を務める同党二階派の総会で、舛添氏について以下のように講話した。

 「自分に厳しくない人が権力を持った組織は非常に怖い」「法律で許されても、やってはいけないことがある。『伝統的な定め』や『道徳』というものだ。これをしっかり持っていないと、人から後ろ指を指されたり、法律では罰せられないが『お天道様の下を歩けない』などといわれる」

 実に、核心を突いた指摘といえそうだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。