四者四様 神奈川の新しい個性 (2/2ページ)

2016.06.03

自家製麺 らーめん工房 縁(藤沢市)
自家製麺 らーめん工房 縁(藤沢市)【拡大】

 3軒目は「夢中」(藤沢市遠藤)。2軒目から割と近いがここが修業先らしい。メニューが豊富で何を食べるか迷ったが、白醤油らーめん、正油らーめん、花マグロの和えそばを中華味で注文。それぞれ個性があり、優劣付け難いうまさ。そしてここもチャーシューがうまい。

 4軒目は「鮮魚鶏出汁麺 沢むら」(藤沢市大鋸)。今年4月オープン。外観がラーメン屋さんに見えず、聞いてみたら以前は寿司屋さんだったという。店主は同じでその経験を生かしたラーメンを提供。

 鮮魚出汁麺(真鯛)、濃厚鶏出汁麺、ちらし麺(松)の3種類を注文。鮮魚出汁麺は鯛のアラが効いており、まさに「鮮魚」の出汁で個性的。ちらし麺は冷やし中華スタイルで、具はちらし鮨をアレンジした感じで面白い。

 四者四様で面白い。レベルも高いし、個性もある。地方に行くことはよくあるが、千葉・埼玉・神奈川もおろそかにはできないほど、新店のレベルが上がっている。胃袋と時間が今の倍、いや3倍ほしい。

 ■ラーメン耳寄り情報
 自家製麺 らーめん工房 縁(藤沢市) 駅からは遠いので車が必要な立地で昼のみ営業。自家製麺で淡麗清湯スープ。外観や店内はオシャレ。こだわりのラーメンを1日40〜50杯を提供している。

 ■大崎裕史(おおさき・ひろし) 自称「日本一ラーメンを食べた男」。2015年9月現在で1万1500軒、2万3000杯のラーメンを食破。株式会社ラーメンデータバンク代表取締役、日本ラーメン協会理事。Webおよび携帯の「ラーメンバンク」を運営している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。