日米同盟の重要性説いたオバマ大統領の岩国スピーチ 偏向メディアはわざと無視? (1/2ページ)

2016.06.04

 オバマ米大統領が5月27日、米国の現職大統領として初めて、被爆地・広島を訪問した。この歴史的ニュースは世界中で注目されたが、オバマ氏が同日、米軍岩国基地(山口県)で、米軍兵士や自衛隊員を前に行ったスピーチは、なぜか影が薄い。

 日米同盟の重要性や、安倍晋三首相の外交手腕がよく分かる内容だ。「偏向メディアはわざと無視したの?」と勘ぐりたくなる。一部を抜粋して紹介する。

 《米国はアジア太平洋地域で主導的役割を果たさなければなりません。この地域は、われわれの安全保障と繁栄に不可欠だからです。安全保障には人々の間で築かれる貿易協定も必要です。また、米軍兵士と自衛隊員は協力して、誇りある奉仕活動をしています》

 《かつての敵は、最も緊密な友人となり、最も強固な同盟国になったのです。信頼、協力、そして日米の友情です。米海兵隊が自衛隊とともに平和を守っています。人間の尊厳と自由に対して日米が共有する決意は、この地域および全世界に希望を広めていきます》

 安倍首相は昨年4月、米国を訪問し、米上下両院合同会議で「希望の同盟へ」という演説を行った。「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の合意」と「安全保障関連法の整備」を宣言し、数カ月後、見事に公約を果たした。有言実行である。

 オバマ氏の岩国基地でのスピーチは間違いなく、安倍首相の米議会演説に対する「返歌」である。メディアがこの価値を理解できないのなら大問題だし、理解して無視したのなら、それ以上に大問題である。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。