秋田でクマ被害相次ぐ 男性2人不明、1人保護も被害拡大懸念 

2016.06.13

秋田県内ではクマへの注意を呼びかける立て看板も設置された
秋田県内ではクマへの注意を呼びかける立て看板も設置された【拡大】

 東北でクマによる死傷事故が続発している。秋田県内でタケノコとりに出かけた男性が行方不明になっている。クマによる獣害としては、大正時代に北海道で起きた「三毛別(さんけべつ)羆事件」が有名だが、今回も悪い意味で歴史に名を残すことになりそうだ。

 秋田県仙北市田沢湖玉川の山中でタケノコとりに出かけた男性2人が11日から相次いで行方不明になった。県警仙北署によると、うち1人は13日午前に保護されたが、1人は依然として行方不明。2人を捜索していた県警ヘリコプターが12日、クマのような大きな動物を確認した。クマに襲われた恐れもあるとみている。

 青森、秋田県境付近の秋田県鹿角市の山中では、クマに襲われたとみられるタケノコとりや山菜採りの男女計4人が死亡している。

 クマの被害では、1915(大正4)年に現在の北海道苫前町で開拓民の集落がオスのヒグマに襲われ、妊娠中の女性の胎児を含む7人が犠牲になった事件が知られる。今回は本州に生息するツキノワグマとみられ、ヒグマよりは小型だが、専門家は「ツキノワグマも結果的に人を食べた事例はある」と指摘する。

 秋田県警などが警戒を呼び掛けるさなかに起きた行方不明事故。被害の拡大が懸念される。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。