30年進化続ける「がんこラーメン」 (1/2ページ)

2016.06.24

一条流がんこラーメン総本家(四谷三丁目)
一条流がんこラーメン総本家(四谷三丁目)【拡大】

 私が初めて「がんこラーメン」(今は「一条流がんこラーメン総本家」が正式名称。以下、がんこラーメン)に出合ったのは30年ほど前。同僚のラーメン好きI君が「大崎さん、高田馬場に変わったおいしいラーメン店があるらしいんで行ってみませんか」と。

 当時、インターネットはないし、ラーメン本もほとんどなかった。テレビや雑誌の数少ない情報か、口コミが頼りだった。この時は口コミ。そしてこのI君が後の「東京のラーメン屋さん」という人気ラーメンサイトを私のために立ち上げてくれた重要人物なのである。おかげで私はラーメンの会社を立ち上げることができた。感謝である。

 初めて行った「がんこラーメン」は、ほぼ屋台のたたずまい。まさか30年たった今も「がんこラーメン」を食べ続けているとは、その時はみじんも思わなかった。ただし、今やインターネット環境のおかげで情報があふれんばかりにあるため、仕事柄、新店回りが中心。さらには典型的なコレクターなので「30年食べ続けている」と言っても年に数回がせいぜい。

 今回食べに行ったのも久しぶりだったので、行列にどう並んでいいのかわからず、並んでる人に聞いてしまった。お代の払い方(前金)や割りばしの置き場所すら、一瞬忘れてしまい、途方に暮れそうになったがギリギリ思い出した。

 この店は頻繁に味やメニューが変わるので数カ月前の情報はまるで役に立たない。店主が高齢(69歳)なのに連日ブログを更新しており、その情報に頼るしかないのだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。