また国連が日本に勧告 「日本の分断」「日米同盟弱体化」の意図を感じるぜ (2/2ページ)

2016.06.24

宜保市議(中央)は、国連・人権理事会で、勧告の早期撤回を求めた=20日、スイス・ジュネーブ
宜保市議(中央)は、国連・人権理事会で、勧告の早期撤回を求めた=20日、スイス・ジュネーブ【拡大】

 世界的に有名な「孫子の兵法」も、「敵が2倍の戦力ならば、相手を分断してから攻めよ」と説いているぜ。水面下で意図的に偏った情報を流し、強い自己認識を植え付けて分断を図るわけだ。これに乗せられると、最終的には国家まで分断されてしまう。韓国と北朝鮮をみても分かるように、お互いが憎悪するように仕向けるってことだ。

 宜保市議の行動を受けて、菅義偉官房長官は21日の記者会見で、「先住民族と認識しているのはアイヌの人々以外には存在していない」と明言したという。宜保市議の素晴らしい行動が、政府首脳を動かしたわけだ。

 今回のケースを教訓にして、日本の愛国者はアンテナを高くして、自ら進んで情報を取りに行く必要があると思う。事態は思ったよりも深刻なうえ、残念ながら米国は力を失いつつある。最終的に自国を守るのは、その国の国民であり、その国の国民の義務だと思う。

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。

 では、また会おう!

 ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。自著・共著に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』『素晴らしい国・日本に告ぐ』(ともに青林堂)など。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。