オール沖縄「県民大会」の虚実 ウソつきの片棒を担ぐメディア (1/2ページ)

2016.06.25

 沖縄県那覇市で19日、米軍属が逮捕された女性暴行殺害事件に抗議し、被害女性を追悼する「県民大会」が開かれた。被害者のご冥福をお祈りし、ご遺族には心から哀悼の意を表したい。

 県民大会には翁長雄志知事も参加し、6万5000人が集まった。ただし、数字は例によって「主催者発表」である。産経新聞は「最大で3万人前後」と試算した。

 昨年8月、安全保障関連法案が参院で審議されているとき、学生グループ「SEALDs」(シールズ)らは、反対派が国会前に13万人、周辺を合わせて、のべ35万人も集まったと発表した。このときの警察発表が3万人である。デモ隊は団塊の世代が中心で若者の姿はまばらだった。

 毎度のことだが、この手の集会での参加者数の水増しにはあきれる。加えて、「主催者発表」の記述を免罪符にして、怪しい数字をそのまま報じるメディアには「嘘つきの片棒を担ぐな!」と言いたい。

 幼いころから「嘘つきは泥棒の始まり」と教えられて育つ日本人は、恐らく世界で一番、嘘が嫌いな民族である。

 平気で嘘をつく人間は軽蔑され、遠ざけられ、一般的な日本社会に溶け込めない。だから、日本中の嘘つきは、嘘をつく能力が評価される特殊な組織に集まって、お互いに助け合うようだ。

 今回の「県民大会」には、参加者数以外にも嘘がある。県民以外が多数含まれていた点だ。会場の内外には開会前、「山梨県平和センター」「北関東9条連」「千葉労連」といった100を優に超える団体ののぼり旗がたなびいていたと、前出の産経新聞は報じている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。