【世界最強だった日本軍航空部隊】特攻隊の知られざる戦果 後に畏敬の念が、世界平和を守る日米同盟に (2/2ページ)

2016.06.26

日本海軍の零式艦上戦闘機(零戦)
日本海軍の零式艦上戦闘機(零戦)【拡大】

 このように、単純比較しただけでも、特攻隊は3倍の敵と刺し違え、12倍の敵と渡り合ったのだ。日本では、この戦果はほとんど知られていない。

 特攻攻撃の絶大なる効果については、米海軍のベイツ中佐の以下のような言葉が、これを証明する。

 《日本の空軍が頑強であることは予め知っていたけれども、こんなに頑強だとは思わなかった。日本の奴らに、神風特攻隊がこのように多くの人々を殺し、多くの艦艇を撃破していることを寸時も考えさせてはならない。だから、われわれは艦が神風機の攻撃を受けても、航行できるかぎり現場に留まって、日本人にその効果を知らせてはならない》(安延多計夫著『あゝ神風特攻隊』光人社NF文庫)

 神風特別攻撃隊−。国難に際して、自らの命を犠牲にしてまで先人が見せた、その比類なき武勇と強靭な精神力、そして忠誠心に対し、米国をはじめ世界の人々は、畏怖と尊敬の念を抱き続けている。米軍兵士の日本軍兵士に対する畏敬の念は、戦後の日米同盟につながり、いまや、日本と地域、世界の平和と安定を守っているのである。 =おわり

 ■井上和彦(いのうえ・かずひこ) 軍事ジャーナリスト。1963年、滋賀県生まれ。法政大学卒。軍事・安全保障・外交問題などをテーマに、テレビ番組のキャスターやコメンテーターを務める。航空自衛隊幹部学校講師、東北大学大学院・非常勤講師。著書に『撃墜王は生きている!』(小学館)、『ありがとう日本軍』(PHP研究所)、『日本が戦ってくれて感謝しています2−あの戦争で日本人が尊敬された理由』(産経新聞出版)など。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。