「冷やし麺」始まりました (1/2ページ)

2016.07.01

せたが屋(東京ラーメン国技館 舞@台場)
せたが屋(東京ラーメン国技館 舞@台場)【拡大】

 今年も『冷やし』の季節がやってきた。昔は、夏になると「冷やし中華始めました」の貼り紙が登場し、それが夏を知る風物詩でもあった。ところが最近では、ラーメン専門店の普通の「冷やし中華」はあまり見かけなくなった。「冷やしラーメン」や「冷やしまぜめん」「冷やしつけ麺」など、今風の夏季限定「冷やし麺」に取って代わっている。

 6月に入って食べた「冷やし麺」を挙げてみる。まず東京では一番古いといわれる冷やし中華の老舗「揚子江菜館」(神保町)の「元祖冷やし中華」。王道の甘酸っぱい冷やし中華と言ったらここ。富士山に見立てた麺の盛りに細切りの具が富士山を彩る雪のように盛られていく。

 次は「きみの」(飯田橋)の「冷製塩」。無化調清湯がウリの路地裏名店の冷やしは見た目やや洋風。でもやはり透明なだしは和を感じさせるモノであった。

 次は「麺場Voyage」(京急蒲田)の「ボヤモンドダスト(夏限定の汁なし爽やか麺)」。2014年の映画「聖闘士星矢」コラボで出来上がった冷やし麺。

 ネギトロシャーベット、出汁カキ氷、炙り鶏モモちゃーしゅー(温)など具が盛りだくさんで手間のかかる逸品。

 五反田、中目黒、新宿など都内に5店舗ある「広州市場」では「冷やし塩鶏わんたんめん」。3種の鶏肉(チャーシュー、そぼろ、ワンタン)と冷やしでもワンタンを入れてくるところがさすがワンタンウリの店。作りたてを出すのが信条で店内でずっとワンタンを包んでいる。

 この4軒は数量限定ではないので営業時間内ならいつでも食べられる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。