「飯田商店」内装、味ともに漂う風格 (1/2ページ)

2016.07.29

らぁ麺屋 飯田商店(湯河原)
らぁ麺屋 飯田商店(湯河原)【拡大】

 2010年3月のオープンだからまだ6年ちょっと。それでも「飯田商店」は首都圏トップクラスの人気と味。もっとも首都圏といっても静岡に近い。なんせ、この店は湯河原にあるのだ。熱海に宿泊している人が車で食べに来るほど。しかも温泉地でもあるのでイメージとしては静岡だ。

 しかし、そんな立地でも平日に20人近くがシャッター(ラーメン用語で開店前に並ぶこと)するほどの人気で土日は人が並びすぎるので整理券方式になっている。

 首都圏トップクラスと書いたが実際は全国区の人気で土日の混雑は全国各地から食べに来ているのである。以前は地方っぽさがよく出た、それでいていい雰囲気の店であった。しかし、店内をリニューアルして、もはや「名店の風格」が漂っている。

 店に入ると一瞬「高級寿司店か?」と思うほど立派。そして内装だけではなく、メニューや丼を含めてかなり高級志向の変貌。2段階くらいステージを駆け上がった感じで素晴らしい店になっていた。食べる前から感動感激。スタッフもきびきび心地良い接客だ。

 どのメニューもおいしいので前回来たときは3人で5種類を注文してシェアしたのだが、今回は突発来店だったので1人。それでもなかなかここまで来られないので1人でも3種類を注文。

 わんたん入り醤油らぁ麺(純粋金華豚と淡海地鶏の雲呑2個)1100円。塩らぁ麺850円。つけ麺1000円(麺は「昆布と鰹の水出しからませ」、「つけダレ」は比内地鶏スープ)。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。