移転「九段斑鳩」の目玉ラーメンに脱帽 (1/2ページ)

2016.08.05

「九段斑鳩」
「九段斑鳩」【拡大】

 2000年4月にオープンし、しばらくして行列のできる人気店になった「九段斑鳩」。それから15年後の15年5月に本店老朽化のため移転閉店。物件が決まったらしいと風の噂には聞いていたが、いつになったらオープンするのか、やきもきしていた。ほぼ1年後の4月27日にようやくプレオープン。急いでいくか、グランドオープン後に行くか、迷ったが今回は後者を選択。

 ところが、いつになっても正式開店にならない。シビレを切らして、7月15日に行ってみた。まだ暖簾(のれん)や看板がなく、「確かこのあたり」と気にしていないと通り過ぎてしまうほど。実際、この数日前に店の前を通っているはずだが、目的が別だったため、まったく気が付かなかった。それでもほぼ満席を維持しているのだから、さすがである。

 券売機で基本のメニューを買おうと思ったら、限定70食で「濃厚らー麺」というのがある。移転前と移転後の味比較のつもりで来たのだが、この表示を見てしまったら、これを食べずにはいられなくなった。

 さて、この「濃厚らー麺」とは? 麺太め、味濃いめ、油多め、鰹節強め、刻みネギ入り。「斑鳩」らしく、相変わらず基本のらー麺系にはネギが入ってないが、このメニューには入っているようだ。しかもこの組合わせ、「麺固め」ではないものの他店のオプションに似ている。

 斑鳩店主はラーメンを食べ歩くタイプではなく、他店を研究したりする方でもない。なので「今までの常連さんじゃない人にも来てもらう方法」として、偶然たどり着いた戦術なのであろう。それを「注文の仕方」ではなく、新メニュー、しかも限定メニューにしてしまうところがさすがであり、これは他店でも十分応用できそうだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。