メリット消滅「英国投資」 戦略の見直しを (1/3ページ)

2016.08.07

 英国のテリーザ・メイ首相が新設したビジネス・エネルギー・産業戦略相に就いたグレッグ・クラーク氏は、初の外遊先に日本を選び、先月26日、当時の林幹雄経済産業相と会談した。

 林氏は「英国の欧州連合(EU)離脱が、英国に多額の投資をする日本企業に対して悪影響が出ないようにしてほしい」と要請。クラーク大臣も「最初の訪問国として選んだことは、日本が英国にとって重要なパートナーであることを示している。日本企業の要望に耳を傾けて、EUとの交渉に反映させる」と応じた。

 英国は中国に接近しているが、中国は英国に物を売り込むだけ。一方、日本は英国に投資をしている。私は40年近く、企業のグローバル化の手助けをしている。だが今回は、英国への投資について冷静に戦略の再構築を考えたほうがいいのではないかと思う。

 私もクラーク大臣と会食の機会があったので、そうした経緯を詳しく伝えた。就任して2週間しか経っていないが、かなり経済に詳しいしっかりした大臣だと思ったらケンブリッジ卒でボストンコンサルティンググループでの経験もある、ということだった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。