女子大生実就職率ランク 大阪総合保育大は卒業生全体も100% (1/2ページ)

2016.09.02

 女子大生の就職率は、どうなっているのか。女子卒業生90人以上の大学別実就職率ランクを紹介したい。実就職率は「就職者数÷(卒業生数−大学院進学者数)×100」で算出している。

 就職率は男女まとめてが多いが、今回は女子だけの実就職率を調べた。昔は女子の就職は悪いとされたが、現在は女子のほうが就職はいい。実就職率は全体で86.5%だが、女子だけに限ると87.4%。

 トップは岐阜聖徳学園大と大阪総合保育大。岐阜聖徳大は教育、外国語、経済情報、看護の4学部あり、看護学部はまだ卒業生が出ていない。今年の卒業生は613人で、うち女子は258人で42%を占める。

 岐阜聖徳大の入試部入試課の高橋毅行主査は「女子だからと特別なことはしていません。就職のいい教育学部に女子が多いことが大きな理由で、女子はキャリアセンターを積極的に活用し、アドバイスを素直に聞き、真面目な人が多い。女子が少ない経済情報学部も学生同士で情報交換して、就活に臨んでいることも影響していると思います。最後まで諦めずに就職するとの強い意志を持っていることもプラスに働いている」という。大阪総合保育大は卒業生全体も100%の就職率だった。

 3位からは薬科大が続いた。看護大も強い。薬や看護学部は女子に人気で就職率も高い。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。