「銭の力で戦いに勝ち抜く」信長がもたらした戦国マネー革命 小和田哲男(静岡大学名誉教授) (1/3ページ)

2016.09.04

「永楽通宝」
「永楽通宝」【拡大】

 織田家の家紋は木瓜(もっこう)であるが、戦場で使う信長の旗印は「永楽通宝」だった。「銭の力で戦いに勝ち抜く」という信長の決意のあらわれでもあった。 (総合オピニオンサイト iRONNA)

 信長が銭の力を意識したのは父信秀の影響が大きかったといわれている。信秀は、尾張守護斯波(しば)氏の二人いた守護代のうち、清須織田氏の三奉行の一人にすぎなかったが、居城勝幡(しょばた)城の近く、木曾川舟運で栄えていた津島湊を押さえ、そこから得た財力で、やがて尾張中原(ちゅうげん)に打って出て、尾張一国をほぼ手中にしていった。

 そのあとを受けた信長は、さらに商品流通経済の振興に力を入れ、経済政策に積極的に取りくんでいる。楽市楽座政策がその一つとしてよく知られているが、これ自体は信長のオリジナルではなく、すでに南近江の戦国大名六角氏がはじめており、信長以前にも何人かの戦国大名が取りくんでいる。

 信長独自の新しい施策として注目されるのは、関所の撤廃と道路政策ではないかと思われる。関所というと、江戸時代の関所のイメージ、すなわち、「入り鉄砲に出女(でおんな)」などといわれるように、監視のための関所を思い浮かべるが、信長が撤廃した関所というのは別なものであった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。