10日までに青森、岩手、宮城と北海道で地震の恐れ 早川氏が新たな警鐘  (1/2ページ)

2016.09.08

3・11からもうすぐ5年半。地震は忘れたころにやってくる
3・11からもうすぐ5年半。地震は忘れたころにやってくる【拡大】

  • <p>早川正士氏</p>

 これまで数々の地震発生を夕刊フジで予測してきた地震予知の第一人者、電気通信大名誉教授の早川正士氏が、新たな警鐘を鳴らしている。もうすぐ発生から5年半を迎える東日本大震災の被災地を含む東北から北海道にかけて、津波の恐れもある地震が心配されるという。先月も関東地方で起きた揺れを事前予測することに成功した早川氏。注意が必要だ。

 発生時期も場所もほぼピタリの予測だった。

 8月19日午後9時過ぎ、茨城県沖を震源にマグニチュード(M)5・4、最大震度4の地震が発生。8日後の27日の午後10時45分過ぎにも同県南部を震源とするM4・1、最大震度3が起きた。

 早川氏は、まず19日の地震に先立つ16日、新たに立ち上げたインターネット上の地震予測情報サービス『予知するアンテナ』(会員制)で、「17日〜24日の間に、M5・0程度の揺れを感じる地震が北関東を中心に起きる恐れがある。最も注意が必要な場所は茨城県」と警告した。

 27日の地震が起きる2日前の25日には「26日〜9月3日の間に、M5・0程度の地震が起きる可能性がある。最も注意が必要な場所は千葉県」と予測。前者は完全に的中、後者は実際に千葉県でも揺れを観測した。

 早川氏は地震が発生する約1週間前、前兆現象として地殻のヒビ割れが起こることに注目して研究してきた。

 「このヒビが電磁波を発生させ、地球上空の電離層に作用する。通常、電離層は、上空60キロメートル〜800キロメートルに存在するが、電磁波の影響を受けると地上に数キロメートル近づく。地上から送信される電波は電離層ではね返り再び地上で受信される。何らかの異常があった場合はいつもより電波の送受信の時間が短くなる点を利用し、予測に役立てている」(早川氏)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。