10日までに青森、岩手、宮城と北海道で地震の恐れ 早川氏が新たな警鐘  (2/2ページ)

2016.09.08

3・11からもうすぐ5年半。地震は忘れたころにやってくる
3・11からもうすぐ5年半。地震は忘れたころにやってくる【拡大】

  • <p>早川正士氏</p>

 現在、危険な兆候が出ている地域はどこか。

 早川氏は「10日までに東北地方太平洋側の海底を震源に、M5・5程度の地震が起きる可能性がある。揺れの発生が想定されるのは、東日本大震災で被害を受けた青森、岩手、宮城の東北各県と北海道で、震度は4〜5弱」と指摘。さらに「震源が海底のため、津波の発生も心配される」と注意を呼びかける。

 「これまで雷や太陽フレアといった自然ノイズや、人工ノイズの影響で失敗につながる恐れがあったが、周波数の異なる電波を複合的に観測することで、見逃しや空振りを低く抑えられるようになった。的中率は70パーセントに達している」と早川氏。

 「観測地域を関東地方に集中させることでより正確な予測を出すことに努めるとともに、東北地方太平洋側の最新予測のように他地域で大きな揺れの可能性をキャッチした場合は、積極的に情報を出していく」という。

 日本に住む限り、誰しも地震とは無関係でいられない。事前予測を生かし、そのときに備えたい。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。