銀行への実就職率ランク 学習院ブランド強し (1/2ページ)

2016.09.16

 就職人気ランクで銀行は必ず上位に入る。そこで、銀行への実就職率(銀行就職者数÷<卒業生数−大学院進学者数>×100)ランクを紹介する。大学通信が大学に就職者数をアンケートした中から、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行など21行の実就職率だ。

 学生の人気企業ランクで、メガバンクは常にトップ10に入る。就活を終えた首都圏大学の商学部4年生は、「金融を就活の対象から外している学生は、周りにいませんでした。安定と採用者数が多いのが理由です。最初の頃はメガバンクにエントリーシートを出していましたが、最終的にはインフラ系企業の内定をもらえました」という。今年の採用者数も、メガバンクは2000人近いところもあった。

 その銀行に強い大学の首位は、一橋大と2年連続トップの学習院女子大。進学者を除いた卒業生の8人に1人が銀行に就職した計算になる。

 一橋大の主な就職先は、三菱東京UFJ=31人、三井住友=20人、みずほ=16人、三井住友信託=13人など。学習院女子は、みずほ=13人、三井住友=12人、三菱東京UFJ=11人、千葉銀5人など。6位に学習院大が入り、銀行での学習院ブランドは強い。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。