イグ・ノーベル賞 「股のぞき」に知覚賞

2016.09.23

22日、米東部ケンブリッジのハーバード大で行われたイグ・ノーベル賞の授賞式でスピーチする立命館大の東山篤規教授(AP)
22日、米東部ケンブリッジのハーバード大で行われたイグ・ノーベル賞の授賞式でスピーチする立命館大の東山篤規教授(AP)【拡大】

 ユニークなテーマに取り組む世界の研究者に贈られる今年の「イグ・ノーベル賞」の授賞式が22日、米東部ケンブリッジのハーバード大で行われた。上半身をかがめて股の間から物を見たら、普段の見え方からどんな変化があるかを研究した立命館大文学部の東山篤規教授(心理学)らが「知覚賞」を受賞した。日本人の受賞は10年連続。

 京都府宮津市の天橋立を「股のぞき」の姿勢で眺めると、空と海が逆転して特徴的な風景が見えるといわれる。

 東山教授らは多数の学生ボランティアで実験。頭部が胸より下になる「股のぞき」の姿勢では、見える風景の距離感が正確につかみにくくなることを証明した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。