阿蘇山噴火の異変も事前キャッチ 電通大名誉教授・早川正士氏が警告する「いま最も危ないエリア」 (1/2ページ)

2016.10.11

早川正士氏
早川正士氏【拡大】

 夕刊フジ紙上で数々の地震予測を成功させてきた電気通信大名誉教授の早川正士氏が、新たな注意を呼びかけている。地殻のヒビ割れに着目する独自理論で分析したところ、ここ数日中に3つのエリアでマグニチュード(M)5・0〜5・5クラスの地震が起きる恐れがあるという。早川氏は、今年8月に茨城で発生した2つの揺れの予測に成功したほか、8日に爆発的に噴火した阿蘇山(熊本)の異変も事前にキャッチしていた。用心するに越したことはない。

 早川氏の実績は数知れない。

 昨年5月13日に発生した宮城県沖を震源とするM6・8、最大震度5強。「3・11」の余震とされ、東北各地を震撼させたが、この揺れの8日前(5月5日)、早川氏はインターネット上で、〈5月8日から19日の期間、岩手から福島の間で、内陸でM5・0前後、海底でM5・5程度が起きる可能性がある〉と指摘。地震の規模こそ上回ったが、発生日、震源地ともに的中させた。

 早川氏は、地震が起こる約1週間前、前兆現象として起きる地殻のヒビ割れに着目。このヒビが発生させる電磁波が地球上空の電離層に与える影響を分析し、発生場所と地域を割り出している。前兆現象は火山の噴火にも応用できるとしている=別項。

 現在、会員制サイトの地震予測情報サービス「予知するアンテナ」(有料)で情報を公開中で、今年8月にも次のような2つの予測を公表し注目を集めた。

 〈17日〜24日の間に、M5・0程度の地震が北関東を中心に起きる恐れがある。最も注意が必要な場所は茨城〉(8月16日発表)

 〈26日〜9月3日の間に、M5・0程度の地震が起きる可能性がある。最も注意が必要な場所は千葉〉(8月25日発表)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。