芸能人も被害? 「盗撮サイト」の実態 暴力団が「シノギ」に利用か (1/2ページ)

2016.10.20

 トイレなどで女性を盗撮した動画を、インターネット上で有料配信していた業者が、わいせつ電磁的記録有償頒布目的保管容疑などで摘発された。業者は盗撮動画を買い取っていたとみられ、「芸能人」をうたう画像もモザイクつきで公開されていた。専門家は「動画は盗撮マニアによるもののほか、暴力団が資金目的で撮影したものもある」と指摘している。

 摘発されたとみられる有料サイトには、女性のあられもない姿を盗撮した動画が「ジャンル別」に並んでいた。福岡県警などに逮捕されたのは運営会社の役員ら十数人で、「コレクション売ってください」などと買い取りの広告を出していた。

 盗撮の場面はトイレから脱衣所、果ては野外での性行為まで。ITジャーナリストの井上トシユキ氏は「靴に小さな穴を開けてカメラをセットしパンチラを撮ったり、紙袋に仕込んだカメラをトイレに設置し、あとで回収するなどの手口がある。撮影された側は、まず気付けない」と話す。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。