「1票の格差」の問題は絶対的ではない 訴訟目的が「改憲阻止」ならくだらない (2/2ページ)

2016.11.05

「1票の格差」訴訟の背後にあるものは…
「1票の格差」訴訟の背後にあるものは…【拡大】

 しかし、「1票の格差」を是正することが、民主主義における「唯一無二の正解」や、「絶対的正義」ではない。

 米国の場合、下院の選挙は10年ごとの国勢調査に基づいて厳格な区割りが行われるが、上院議員は全50州から各2人ずつ、100人が選ばれる。

 人口3700万人を超えるカリフォルニア州と、約57万人のワイオミング州では、1票の格差は65倍以上となる。ワイオミング州民の票を1票とすれば、カリフォルニアのそれは0・015票である。人口270万人のわがユタ州も、上院議員の選挙では0・21票になるが、「各州の平等を守り、発言権を公平にするための制度」であり、私自身は不平等だと思ったことはない。

 格差の是正運動に邁進(まいしん)する人の中には、「違憲状態の選挙で選ばれた国会議員による憲法改正の発議は許せない」と主張する人もいるようだ。

 一連の訴訟の真の目的が「改憲阻止」にあるとしたら、実にくだらない。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人』『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』(いずれもPHP研究所)、『日本覚醒』(宝島社)など。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。