電通「鬼十則」、社員手帳への掲載取りやめへ 過労自殺で検討

2016.11.18

電通本社外観 =7日午後、東京都港区(納冨康撮影)
電通本社外観 =7日午後、東京都港区(納冨康撮影)【拡大】

 新入社員の高橋まつりさん=当時(24)=が昨年12月に過労自殺した問題を受け、大手広告会社の電通が、《取り組んだら「放すな」、殺されても放すな》などの言葉が記されている「鬼十則」について、社員手帳への掲載の取りやめを検討していることが17日、分かった。

 鬼十則は、電通の4代目社長の吉田秀雄氏が昭和26年に作った遺訓とされ、仕事への心構えが日本語と英語で10項目ある。他には《周囲を「引きずり回せ」》《頭は常に「全回転」、一分の隙もあってはならぬ》などの表現が並んでいる。

 過労体質への企業風土を象徴するものとして、高橋さんの遺族側が削除を求めてきた。電通関係者によると、来年分の手帳に、鬼十則の掲載を控える方向で検討しているという。

 電通の30代男性社員は「鬼十則は新人研修のときにテキストに入っていて、社会人として仕事に向かう姿勢を学んだ。なくなることで、仕事への意識が弱まることを恐れている」と話した。

 電通広報部は「今月発足した労働環境改革本部を中心に全社的な変革を進めている。『鬼十則』の取り扱い方も含め、企業風土全体の改善に向けた検討を進めている」とコメントした。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。