次は首都圏警告 岩手から茨城にかけて津波ともなうM8級の恐れ 専門家「3・11の余震は100年以上続く」 (1/2ページ)

2016.11.24

宮城県多賀城市の砂押川をさかのぼる、地震で発生した津波=22日午前(宮城県警提供)
宮城県多賀城市の砂押川をさかのぼる、地震で発生した津波=22日午前(宮城県警提供)【拡大】

  • <p>東日本大震災の被災地でも津波への警戒が広がった=22日午前、岩手県宮古市</p>

 22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7・4の地震があり、福島、茨城、栃木の3県で震度5弱を観測した。東日本大震災の余震とみられ、仙台市には震災以降最大となる140センチの津波が到達した。専門家は「今後もM8級の地震が東北や関東で発生する恐れがある」と警鐘を鳴らす。

 震源地は福島県いわき市の東北東約60キロ沖で、震源の深さは約25キロ。マグニチュードの規模はM7・3の阪神大震災や熊本地震を上回った。

 仙台港では午前8時すぎ、1メートル40センチの津波が観測された。福島第1原発で100センチ、茨城県大洗港や千葉県勝浦港でも津波が観測された。

 気象庁の中村浩二地震情報企画官は「今後1週間程度は最大震度5弱の地震に注意が必要。海の地震なので、津波を伴う可能性がある」とした。

 気象庁は、陸側のプレート(岩板)の内部で発生し、引っ張られる力によってずれる「正断層型」と解析している。断層が上下方向にずれ、それに応じて海底が上下方向に動いて海水を押し上げるため、津波が発生しやすいという。

 東京電力によると、22日午前6時10分ごろ、福島第2原発3号機で、使用済み核燃料プールの冷却水を循環させる系統が自動停止。安全を確認した上で午前7時47分に冷却を再開させた。プールには核燃料2544体が保管されているが、水は十分冷却されており、水漏れや放射性物質の漏えいはないとしている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。