中国産が約9割…伊勢の団体、神事用の大麻栽培を申請「伝統を守れるように」

2016.11.29

 神事に使う国産大麻の生産に向け、三重県の神社関係者らでつくる同県伊勢市の「伊勢麻振興協会」は28日、大麻栽培の許可を初めて県に申請した。

 栽培は、大麻取締法により、県の審査を受けて免許を取得することが必要。県によると、記録の残る中で、これまで許可した例はないという。

 協会によると、大麻の茎から取った繊維を加工し、神事の祭具やしめ縄に使う。近年は中国産が約9割を占め、国内の農家は減少。現在は栃木県の13軒が国産のほとんどを担っている。

 同協会理事で皇学館大の新田均教授は「大麻関係の逮捕者が出ているが、われわれは法規に従って、伝統を守れるようにしたい」と話している。申請が認められれば、来年4月から伊勢市内の山中で、麻薬の成分をほとんど含まない品種を栽培。協会が生産や販売などを管理する。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。