合格実績が伸びている中高一貫校ランク トップは昨年5位から躍進洗足学園 (1/2ページ)

2016.12.02

 首都圏305学習塾の塾長、教室長へのアンケートによる「最近、合格実績が伸びている中高一貫校」ランクを紹介したい。アンケートは、各項目について5校連記で記入してもらい、最初の一貫校を5ポイント、次を4ポイント……で集計した。

 トップは5年連続の青稜と昨年の5位から躍進した洗足学園だった。青稜は、もとは青蘭学院で女子校だった。1995年に現校名に変え、中学校を共学化。その頃から、進学に力を入れる目標をたて、学習習慣をつける、基礎学力をアップするとの方針で、生徒一人一人に合った指導方法で、学力を伸ばす教育を進めてきた。

 10年前と比べて、早稲田大7→43人、慶應義塾大1→21人、上智大0→23人、MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)100→241人に激増している。

 洗足学園は女子校で、10年前と比べて、早稲田大26→91人、慶應義塾大13→93人、上智大19→33人、MARCH133→351人に伸びた。

 中学受験に詳しい専門家は「どこの学校も最初から進学校だったわけではない。学校改革を行い、ぶれない地道な努力で生徒を伸ばし、それにつれて大学合格実績も上がってきている。教員の努力の結果」という。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。