【慰安婦問題いまだ終わらず】海外慰安婦像設置阻止にはソウルの撤去が最優先 新政権になれば日韓合意は簡単に破棄 (1/2ページ)

2016.12.08

ソウルの慰安婦像
ソウルの慰安婦像【拡大】

★(2)

 日韓合意に基づき、日本政府は私たちの血税から10億円も拠出して韓国の慰安婦財団に送りました。ところが、韓国はソウルの日本大使館前にある慰安婦像をいまだに撤去していません。

 それどころか、韓国内では合意後も慰安婦像が次々に設置され、50体近くになります。さらに海外の姉妹都市にまで建てようとするから迷惑千万です。受け入れ側も単純に平和像とダマされるので困ったものです。

 今年は危うく、欧州初の慰安婦像が建ちそうになりました。昨年、韓国・水原(スウォン)市と姉妹都市の提携をしたばかりのドイツ・フライブルク市が狙われました。同市の市長は、水原市訪問時に韓流の大歓迎を受けて気を良くしたのか、慰安婦像の提案をいったん受け入れました。それも12月10日の国連世界人権宣言記念日に除幕式をすると発表したのです。

 これが9月に報じられると、私たち「なでしこアクション」には、ドイツ各地の女性からメッセージが届き始めました。

 「ドイツの報道は韓国に同情しており、ドイツ人は何の疑いもなく信じている。日本の主張を理解してもらうのは容易ではありません」「2児の母として(事実無根の慰安婦像が)設置されてしまうと思うと声を挙げざるを得ません」「とんでもない! 世界人権デーに日本人の人権が侵害されるなんて!」

 日本の姉妹都市も、すぐ反応しました。

 フライブルク市の姉妹都市である松山市は、像設置計画の中止を要請しました。水原市の姉妹都市である福井市は市長訪問中止を発表しました。日本の自治体は、慰安婦問題をこじらせることにならぬよう、第三国での像設置に毅然と反対を表明したのです。

 

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。