DeNA騒動、でたらめ医療情報サイトの影に2人の女 南場会長「ネット情報役に立たなかった」 (1/2ページ)

2016.12.09

謝罪会見に出席した南場智子会長(右)。=7日、東京都渋谷区
謝罪会見に出席した南場智子会長(右)。=7日、東京都渋谷区【拡大】

  • <p>村田マリ執行役員は、謝罪会見に姿を見せなかった=7日、東京都渋谷区</p>

 「ネットの医療情報は役に立たなかった」−。IT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)が医療情報サイトでデタラメな情報をたれ流していた問題で、7日の謝罪会見の席上、2日前に夫をがんで亡くした創業者の南場智子会長(54)がこう明かした。会見では“まとめサイト”の責任者である30代の女性役員の姿がなかった点も注目された。

 医療サイト「WELQ(ウェルク)」など全ての情報サイトの休止に追い込まれたDeNAは、第三者委員会を設置して原因や組織の問題点を調べるとした。

 記者会見には創業者の南場氏も出席し、「どうして自浄作用が働かなかったのか」と反省の弁を述べた。南場氏は2011年に夫の紺屋勝成氏のがんを看病するため社長を退任、13年に現場復帰した。紺屋氏は今月5日に死去した。

 記者会見で南場氏は夫の看病の過程で、自社の医療サイトを読まなかったのかと聞かれると、南場氏は「不覚だが、ウェルクの情報提供は認識しておらず、報道されてからこの件を知った。ウェルクで『がん』という言葉を検索してみて、いつからこういう医療情報を扱うようになったのかとがくぜんとした」と述べた。

 さらに、「家族の闘病が始まったときからネット情報も徹底的に調べたが、それほど役に立たず、がんに効くキノコとかいう話が出てきて、信頼できないと思った。私の情報収集は基本的に論文と専門家からのレクチャーを受けることを中心にしていた」とした。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。