【日本を守る】米に働きかけ北朝鮮を核武装国家と認めさせるべき さし当たって最大の脅威 (1/2ページ)

2016.12.14

北朝鮮の核開発を指導する金委員長(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
北朝鮮の核開発を指導する金委員長(朝鮮中央通信=朝鮮通信)【拡大】

★(2)

 日本にとって、北朝鮮がさし当たって最大の脅威だ。中国ではない。

 中国は長期的な脅威だが、トランプ次期米政権の出方をうかがっているから、ここしばらくは日米同盟を強化することによって、押さえ込むことができよう。

 私は10月にワシントンを訪れたとき、米国防総省の関係者に対し、「オバマ大統領はどうかしている。北朝鮮が5回目の核実験を行ったというのに、『北朝鮮が核武装国家だ』と認めることを拒んでいる。その傍ら、国連というカフェで『北の暴挙だ』とか、『経済制裁を強化する』というお茶飲み話に耽(ふけ)っている」といった。

 米国と北朝鮮間にも、韓国と北朝鮮間にも、日本と北朝鮮間にも話し合いがまったくなく、北朝鮮を目隠し状況に置いている。戦争は疑心暗鬼と、誤算から起きるものだ。

 北朝鮮が核兵器開発を進めてきたのは、「金一族体制を核なしに守れない」と確信しているからだ。日本や米国を「火の海」とすることは望んでいない。

 日本はトランプ新政権に働きかけて、まず北朝鮮を核武装国家として認めさせる。日米が北と交渉して、北の核弾頭数とミサイルの射程距離を制限するのと引き換えに、米朝平和条約と日朝国交を結び、日本は1965年の日韓国交樹立時のような経済協力を行う。

 ミサイルの射程は、九州から南北軍事境界線までが約500キロだから、それ以下とする。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長以下、北の体制の安泰が保障されるから、大喜びして受けいれよう。拉致被害者全員が帰国して、朝鮮半島に平和秩序が確立される。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。