分裂山口組、それぞれの指針に“異変” 長引く対立抗争の影響が色濃く反映 (1/2ページ)

2016.12.15

納会を終え、本部事務所を出る神戸山口組の井上邦雄組長=13日、兵庫県淡路市
納会を終え、本部事務所を出る神戸山口組の井上邦雄組長=13日、兵庫県淡路市【拡大】

  • <p>事始め式を終え、直系組長を乗せて山口組総本部を出る車=13日、神戸市灘区</p>

 指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区、篠田建市=通称・司忍=6代目組長)と離脱派が結成した指定暴力団神戸山口組(本部・兵庫県淡路市、井上邦雄組長)が13日、そろって年末年始の行事を開き、来年の組指針を発表した。6代目は「和親合一(わしんごういつ)」で、神戸は「風霜尽瘁(ふうそうじんすい)」。組織分裂から間もなく1年4カ月。2つの山口組の指針には長引く対立抗争状態の影響が色濃く反映されている。

 総本部に直系組長を集めて暴力団社会の新年行事「事始め式」を開催した6代目側が示した来年の組指針は「和親合一」だった。

 指針は、山口組を国内最大の勢力に拡大させた田岡一雄3代目組長時代に制定された5カ条の組織運営の基本理念「山口組綱領」の第1条「内を固むるに和親合一を最も尊ぶ」から抜粋されており、組織の団結を強化するのが狙いとみられる。

 6代目側関係者によると、和親合一は田岡3代目組長が最も好んだ言葉だといい、綱領は定例会などで唱和されている。

 神戸側が昨年8月末の結成時の他の暴力団へのあいさつ状で「歴代親分の意を順守するため離脱した」と記していたため、6代目側が改めて神戸側の主張を退け、組織の正統性を示す意図もあるとみられる。

 一方、神戸側が本部に直系組長を集めて開いた「納会」で発表された組指針は「風霜尽瘁」だった。出典は不明だが、「風霜」には「きびしくはげしい苦難」(広辞苑)、「尽瘁」には「一所懸命に力を尽くして労苦すること」(同)の意味がそれぞれあり、「苦難に力を尽くしていく」との思いが込められた造語とみられる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。