北ミサイルに備えろ! 来春、初の住民避難訓練実施のウラに脅威の深刻度「増」 (1/2ページ)

2016.12.19

 政府は北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に対処するため、来年3月までに初めての住民避難訓練を行う方針を固めた。弾道ミサイルが領土や領海に落下することを想定した内容となる。訓練では緊急情報を都道府県に速報する全国瞬時警報システム(Jアラート)を使って、防災行政無線で住民に避難を呼びかける。

 国民保護法に基づく訓練には内閣官房、自衛隊、警察、海上保安庁、消防庁などが参加する予定。今後、共同で訓練を行う自治体の選定を進めて、訓練の具体的な内容について協議する。ミサイル落下地点の予測などをJアラートで発信する手順を確認するほか、防災行政無線を利用して住民を建物内に避難させることなどが柱となる。

 政府が図上での訓練にとどめず、実際の住民避難訓練に踏み切るのは北朝鮮の弾道ミサイルの脅威が深刻度を増しているためだ。北朝鮮は今年8月に日本海に向けて弾道ミサイルを発射し、秋田県男鹿半島沖約250キロの排他的経済水域(EEZ)内に落下。また、9月には弾道ミサイル3発を同時に発射し、北海道の奥尻島沖のEEZに落下した。

 政府は弾道ミサイル迎撃のため、日本海に海上自衛隊のイージス艦を展開し、国内に地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊を配備するなどの対応を取るが、北朝鮮はノドンなど地上から発射する弾道ミサイルを移動式発射台(TEL)で運用するなど、事前に発射の兆候を把握することが困難になっている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。