オスプレイのリスクを考える 機動力と抑止力の向上に利点、普天間の辺野古移転は急務だ (1/2ページ)

2016.12.22

飛行が再開され、米軍普天間飛行場から離陸するオスプレイ=19日午後、沖縄県宜野湾市
飛行が再開され、米軍普天間飛行場から離陸するオスプレイ=19日午後、沖縄県宜野湾市【拡大】

 米軍の新型輸送機オスプレイが不時着したことで、オスプレイ反対の声も高まっている。オスプレイは本当に危険なのか、そして普天間基地を使い続けることに問題はないのか。

 オスプレイのリスクを数量的に考えてみよう。

 それは事故率(10万飛行時間当たり。以下同じ)という指標でみることができるが、今回普天間に配備される海兵隊仕様のオスプレイは1・93となっている。今回の事故でやや高くなることも考えられるが、一応この数字を使おう。

 また、空軍特殊作戦仕様のオスプレイは13・47、オスプレイと代替される中型ヘリCH46シーナイトは1・11、大型ヘリCH53シースタリオンは4・15。ついでに、垂直着陸ジェット機AV8Bハリアーは6・76、海兵隊平均は2・45だ。

 こうした事故率の数字を見るとき、民間機との比較は慎重にすべきであるが、同じ軍用機とであれば容易に比較可能である。

 オスプレイは1・93であるが、民間航空機は0・07なので27倍ほどリスクがある。ただし、民間航空機の数字は、例えば東京〜ニューヨーク間を11万回飛んで1回起こりうる確率なので、普通なら起こりえない話だ。これがオスプレイでは4000回に1回となりうる。毎週往復して40年間くらいに1回だ。

 オスプレイが普天間に24機配備され年間250時間稼働とすれば、8・6年で1件事故がありうることになる。ただしこれは民間人が被害者とはかぎらない。これまでの普天間での事故では、米兵の死亡者ばかりで、民間人に被害は出ていない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。