【喫煙を考える】飲食店経営のデーブ大久保さんが訴え「禁煙にして売り上げ落ちたら国が面倒みてくれるの?」

★飲食店と喫煙(上)

2016.12.24

元プロ野球選手・監督の大久保博元氏
元プロ野球選手・監督の大久保博元氏【拡大】

 東京五輪開催まで3年半。まだまだ問題が山積している中、政府は“近年の五輪開催国に倣う”という名目で受動喫煙防止対策の強化を急いでいる。厚生労働省が先ごろ示した「強化案(たたき台)」では、飲食店や駅・空港ビルなどは「喫煙室以外の建物内禁煙」とし、違反した施設の管理者や喫煙者本人には罰則を与えるという厳しい内容である。

 「店を禁煙にしろ? 何ふざけたこと言ってるの、という感じ」

 そう声を荒らげるのは、元プロ野球選手・監督の大久保博元(デーブ大久保)氏だ。

 昨年、東北楽天の監督を辞任後は、野球解説者兼タレントとして活躍するかたわら、今年1月には東京・新橋に居酒屋「肉蔵でーぶ」をオープンした。自ら食品衛生管理者の資格を取得し、毎晩のように厨房に立っている。

 「禁煙にして売り上げが落ちたら、国はその分の面倒をみてくれるのかと、ぜひ問うてみたい」というのが、政府の動向に対する大久保氏の今の正直な気持ちだ。

 「肉蔵でーぶ」はオープン当初から全面喫煙可で営業をしている。

 「うまい肉料理とお酒を味わいながら、たばこも大いに楽しんでもらおう」というのが、自身もヘビースモーカーである大久保氏が望んだ店づくりだ。もちろん大型の換気扇や空気清浄機を設置するなど、非喫煙者に対しても配慮している。「だから、もしたばこを迷惑がるお客さんがいたら、僕は『もう来なくていいですよ』ときちんと言うようにしています。それがプロだと思うから。でも幸いなことに、そんな人はほとんどいないけどね」

 喫煙環境うんぬんより、この店の客は、大久保氏が自分で納得し選んだ全国のうまいものや、屋台のようなちょっとレトロな居心地のよさ、そして何より大久保氏の元気な人柄に接したいと集まってくるのだろう。常連客に非喫煙者も大勢いるのがその証しだ。

 「喫煙室の設置を認めているからいい? この店(カウンターとテーブルで23席)のどこにそんなもの設ける場所があるの。お役所の人には一度ぜひ見に来てもらいたい。それがスジというものでしょう?」 

 【肉蔵でーぶ】 港区新橋3の3の7 信友ビル1F (電)03・3502・2245

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。