日銀雇用は「よくできました」 マイナス金利は「ふつうです」 緩和拡大「がんばりましょう」 (1/2ページ)

2016.12.27

 日銀の2016年は、1月29日にマイナス金利導入、7月29日に上場投資信託(ETF)買い入れ額の増額、9月21日に長短金利操作の導入をそれぞれ決定したが、どのように評価したらいいだろうか。

 日銀については、インフレ目標2%が達成できているかという点から評価することがマスコミや学会の常であるが、筆者は金融政策の最大の使命は雇用の確保だと思っている。この観点では、失業率が3%程度に下がっているにもかかわらず、インフレ率が2%まで上がっていないのは、何より良かったと評価できる。

 インフレ目標は、単純に物価が上がればいいというものではなく、失業率を下げるときに、過度に物価が上がらないようにするためにある。この点、金融政策への理解が欠けているマスコミや学者の論調が多すぎる。

 もっとも、筆者の計算によれば、これ以上下げられない水準を示す構造失業率は2・7%程度であり、失業率はまだ下げられる。この意味では、物価が上がっていない現状ではもっと金融緩和してもいいはずなので、日銀の緩和はまだ不十分だといえる。

 マイナス金利導入についてはよくない評判も多いが、それは金融機関の意見を代弁しているという面もある。日本経済全体にとってはプラスであり、その証拠に国内総生産(GDP)統計全体がさえない中で、住宅投資が健闘しているのはマイナス金利の効果だ。

 たしかにマイナス金利は、金融機関が日銀に預ける当座預金の金利という「日銀から金融機関へのお小遣い」を奪うので、金融機関は反対なのだろう。しかし、一般企業の金融機関への当座預金は金利ゼロなのに、日銀への当座預金では、一部ではマイナス金利になったものの、大半で0・1%の金利がついているのは異常としかいいようがない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。