外国人の“国保悪用”急増 「留学」偽り入国、行政書士が手口指南も

2017.01.07

国保までかすめ取るとは…(画像は一部加工。写真は本文と関係ありません)
国保までかすめ取るとは…(画像は一部加工。写真は本文と関係ありません)【拡大】

 ふざけた話だ。高額の医療費を逃れるため、中国やアジア地域から外国人が「留学」などと入国目的を偽って来日し、1〜3割の自己負担で高額な治療を受けた後に帰国する不正な事例が増加していると、6日付の産経新聞が報じている。

 同紙によると、医療目的で来日する外国人は本来、医療滞在ビザを取得する必要がある。この場合、国民健康保険(国保)に加入できず、医療費については全額自己負担となる。

 これに対し、留学などで日本に3カ月以上在留する外国人は国保への加入を義務づけられ、1〜3割の自己負担で医療を受けられる。

 前年度の収入がないため、保険料は最低額(月数千円程度)で済み、高額な医療費がかかった場合に治療費を払い戻す「高額療養費制度」も使うことができるという。

 以前は国保に加入するのに、1年の在留期間を満たすことが必要だったが、2012年の住民基本台帳法改正で、3カ月以上の滞在で加入が義務づけられるようになった。悪用の背景には、こうした国保加入のハードル引き下げも関係していると記事では報じている。

 患者の多くは中国やその他のアジア地域から来ているとみられ、肝炎の治療や高額な抗がん剤、移植医療などで悪用されているとしている。

 悪用について、日本の行政書士らが“ブローカー”として手口を指南している例も多いという。厚生労働省も対応策の検討を始めたというが、日本国民が積み立てた保険を食い物にする“シロアリ”はさっさと駆除してほしい。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。