講談社編集次長、DV次々発覚…黙秘崩す準備万全 元刑事も驚き「非常に特異な事件」 (1/2ページ)

2017.01.16

朴容疑者の自宅。ここであの日、何があったのか=東京都文京区
朴容疑者の自宅。ここであの日、何があったのか=東京都文京区【拡大】

  • <p>朴鐘顕容疑者</p>

 数々のヒット漫画を手がけた大手出版社、講談社の社員、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)が殺人容疑で逮捕された事件。元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は「非常に特異な事件だ」と驚きを隠さない。犯行を否認している朴容疑者だが、捜査は今後どんな経過をたどるのか。小川氏が読み解く。

 「夫が子育てを手伝ってくれない」

 朴容疑者の妻、佳菜子さん=当時(38)=は事件前、自宅がある東京都文京区の子ども家庭支援センターを訪れ、こう相談していた。また、約3年前、「夫からわしづかみにされるなど暴力を受けている」「夫は優しい人に見えるけど、あざが残るほどDVを受けている」などと複数回、訴えていたことも分かっている。

 警視庁捜査1課はこうしたトラブルが原因で朴容疑者が殺害したとみて調べているが、小川氏は「教育熱心な親が子供に殺されたりといった事例はあったが、子育てをめぐって夫婦間で殺人があったことは聞いたことがない」とし、こう続ける。

 「朴容疑者は妻の死について『階段から落ちた』『首をつった』など、供述を変遷させている。あきらかに慌てていて計画性はまったく感じられない。事件は偶発的に起きてしまった可能性がある」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。