豊洲市場は本当に危険か コンクリ封じ込めが最善手…地下ピットの存在が好都合 (1/2ページ)

2017.01.20

豊洲市場=東京都江東区(大井田裕撮影)
豊洲市場=東京都江東区(大井田裕撮影) 【拡大】

 東京都の豊洲新市場の地下水モニタリング調査において、最大で環境基準の79倍にあたるベンゼンが検出された。しかも、検出されたのは35地点と、前回の2地点から大きく増えた。環境基準の3・8倍にあたるヒ素、不検出とされるべきシアンの検出もあった。

 今回の結果は、これまでの8回の調査とはまったく違う数値であるが、小池百合子都知事の直感は素晴らしかった。まるで今回の調査結果を見越したように、移転を延期した知事の判断は正しかったといえよう。

 今回の調査結果を受けて、まず数値の原因を究明しなければいけない。都は「暫定値」としているが、それ以前の8回の調査の数値との違いが大きすぎる。1〜8回目の調査に関わった分析会社は3社で、9回目の今回は別会社が分析したというが、採取方法などを比較検討する必要がある。

 豊洲市場の地下水位や水質を管理する地下水管理システムが影響した可能性も指摘されている。同システムが本格稼働したのは昨年10月だが、それによって、地下水位などが変化したとする意見である。

 とはいえ、分析方法で間違いがない場合などを除き、地下の土壌が環境基準を満たしていない可能性が高いといわざるを得ない。

 ここで注意すべきなのは、「環境基準」とは何かという点だ。環境基本法では、環境基準について、「人の健康を保護し生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準」と定めている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。