アパ代表を独占直撃! 中国の著書批判「日本には言論の自由ある」 慰安婦大誤報「朝日への広告出稿ない」 (1/2ページ)

2017.01.20

中国からの批判にも毅然とした対応をみせる元谷代表
中国からの批判にも毅然とした対応をみせる元谷代表【拡大】

  • <p>アパホテルの客室に置かれた書籍(合成写真)</p>

 アパグループの元谷外志雄代表が、夕刊フジの独占インタビューに応じた。中国外務省は、アパホテルの客室に「南京大虐殺」や「慰安婦の強制連行」を否定する書籍が置かれていることを批判したが、元谷氏は「日本には言論の自由がある」「書籍は撤去しない」と冷静かつ毅然と対応した。かつて、朝日新聞による慰安婦問題の大誤報を受けて、「報道機関として信用できない」「謝罪するまで広告出稿しない」と表明した愛国者。ドナルド・トランプ次期米大統領の登場についても「日本が自立するチャンスだ」などと語った。

 日本の民間企業に、中国政府は異例ともいえる反応を示した。

 アパホテルの客室には、元谷氏がペンネームで執筆した著書が置かれている。米国の占領政策を問題視した部分が多いが、「南京大虐殺」や「慰安婦強制連行」を否定する記述もあった。中国外務省の報道官は「日本国内の一部勢力は歴史を正視しようとしない」と噛みつき、中国の旅行社が同ホテルの取り扱いを中止したのだ。

 元谷氏は「特定の国や国民を批判する目的はない」といい、続けた。

 「中国は『日本軍が南京で30万人を虐殺した』と主張しているが、当時の南京市の人口は20万人。30万人が虐殺されたのに、1カ月後には人口が25万人に増えている。あり得ないことだ。英国人ジャーナリスト、ヘンリー・S・ストークス氏も『事実ではない』『中国国民党政府のプロパガンダだ』と著書などに記している。中国と違い、日本には言論の自由がある。正しいと確信する歴史を伝えただけだ。著書は置き続ける」

 言論への圧力には断固として屈しないようだ。

 米大統領に20日就任するトランプ氏について、元谷氏は昨年3月ごろから「大統領選で勝つ可能性が高い」と発信していた。米国内にもホテルを持ち、米国人の友人も多い元谷氏はいう。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。