組織的斡旋は「事実」 文科省天下り問題、調整役OB「人助けのつもり」

2017.02.08

衆院予算委に臨む文科省の前川喜平前事務次官(右)と人事課OBの嶋貫和男氏=7日午前
衆院予算委に臨む文科省の前川喜平前事務次官(右)と人事課OBの嶋貫和男氏=7日午前【拡大】

 文部科学省の天下り問題の責任を取って辞職した前川喜平前事務次官(62)は7日、衆院予算委員会の集中審議に参考人として出席し「斡旋(あっせん)の枠組みが存在し、人事課が深く関与していたという再就職等監視委員会の認識を、事実として受け止める」と述べ、調整役のOBや人事課を中心に、文科省が天下りの組織的あっせんを行ってきた経緯を認めた。

 斡旋の調整役だったとされる人事課OBの嶋貫(しまぬき)和男氏(67)は「民間人の立場で、人助けのつもりでやってきた。規制に対する認識不足を恥じている」と釈明。一方で「誰かに要請、指示を受けているという立場ではない」と述べ、あっせんが自発的な取り組みだったと強調した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。