「外国人の政治活動は違法」というデマ 米軍スパイが「南京大虐殺」把握の形跡なし (2/2ページ)

2017.02.11

アパホテルに抗議する在日中国人のデモ=5日、東京・新宿
アパホテルに抗議する在日中国人のデモ=5日、東京・新宿【拡大】

 それがなぜかネット上では「外国人の政治活動は違法」というデマにすり替わる。各個人に高度なメディアリテラシー(=メディアの情報を見極める能力)が要求される時代である。

 問題の「南京大虐殺」にも触れておこう。

 戦後に公開された米国の機密文書を読むと、米軍は日米開戦のかなり前から、中国大陸にスパイ網を持っていた。

 日本軍が上海を陥落させた約1カ月後の1937年12月3日、松井石根大将は、上海租界の「南京路」で示威行進を行った。このとき爆弾テロ事件が発生したが、処理にあたった将校らの名前や階級、行動だけでなく、人間関係や発せられた冗談まで米軍は把握していた。日本軍にも米軍のスパイがいたのだろう。

 ところが、米政府が約8年の歳月と3000万ドル(約33億円)の費用を使って調査した「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」に、米軍が「南京大虐殺」を把握していた形跡はない。

 米軍のスパイ網はザルだったのか。「ユネスコ世界記憶遺産」に登録された資料が早く見たい。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人』『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』(いずれもPHP研究所)、『日本覚醒』(宝島社)など。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。