山口組・京都代理戦争、にらみ合い長期化か 会津小鉄会に2人の「7代目」 (1/2ページ)

2017.02.13

山口組派の7代目継承式が行われた会津小鉄会系組事務所を警戒する京都府警の捜査員ら=7日、京都市伏見区
山口組派の7代目継承式が行われた会津小鉄会系組事務所を警戒する京都府警の捜査員ら=7日、京都市伏見区【拡大】

  • <p>会津小鉄会の分裂</p>

 指定暴力団山口組と神戸山口組の分裂抗争は、内紛状態にあった京都市の指定暴力団会津小鉄会(構成員約140人)を巻き込み、複雑な様相をみせている。会津小鉄会の山口組派、神戸山口組派の双方が「7代目」を名乗り、反目しあう代理戦争はどう推移していくのか。

 「わしらが本物や。正式なんや」

 今月7日、京都市伏見区の会津小鉄会系組事務所で行われた山口組派とされる原田昇若頭の7代目会長継承式。組関係者は集まった報道陣に対し、こう宣言した。

 会津小鉄会では、神戸山口組派とされる馬場美次6代目会長の引退を巡り、後継者争いが表面化。1月21日には馬場6代目会長らが金子利典会長代行を7代目会長とする継承式を実施しており、山口組と神戸山口組をバックに双方が「7代目会津小鉄会」を名乗る異例な事態になっている。

 それにしても構成員約140人と小規模な組織に双方が肩入れするのはどういうことなのか。

 京都の裏社会に詳しい実業家は「実数は100人弱。山口組派が約40人、神戸山口組派が約60人という状況だ。京都は歴史と伝統があり、よそ者を寄せ付けない。ヤクザも同じで、会津小鉄会が長年、京都の裏社会を牛耳っており、双方の山口組も味方につけておきたいと考えている。本来ならドンパチ(抗争)で決着をつけたいところだが、警察の取り締まりが厳しく、他組織のシンパを取り込み合う異例の事態になっている」と打ち明ける。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。