「鎖国」消え、聖徳太子→「厩戸王」に 文科省、次期学習指導要領改定案に変更相次いだワケ

2017.02.16

 江戸時代は「鎖国」ではなく、聖徳太子は「厩戸王(うまやどのおう)」に−。文部科学省が公表した小中学校の次期学習指導要領の改定案では、近年の学術研究を踏まえ、社会の授業や教科書で取り上げていた歴史用語の変更が相次いだ。

 現行指導要領では、小中学校とも「聖徳太子」を授業で扱うと例示したが、改定案では人物に親しむ小学校で「聖徳太子(厩戸王)」、史実を学ぶ中学では「厩戸王(聖徳太子)」を扱うようにと記述が変わった。

 文科省によると、「聖徳太子」は没後に使われるようになった呼称で、歴史学では一般的に「厩戸王」と呼ぶため。ただ、子どもたちが伝記で「聖徳太子」の名前に触れる機会が多く、並列して扱うという。

 江戸幕府の対外政策では「鎖国」の表記が消えた。江戸時代後期には鎖国という言葉が使われることもあったが、江戸時代は長崎でオランダや中国と交易していたほか、松前(北海道)、薩摩(鹿児島)などでも貿易が行われ、日本が完全に閉ざされていたわけではなかった。改定案では、そうした状況についても正確に学ぶとしている。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。