京都府医大学長、山口組系幹部と祇園で会食 不適切な関係、仲介の府警OBは懲戒処分

2017.02.17

高山受刑者と2病院をめぐる構図
高山受刑者と2病院をめぐる構図【拡大】

 病気を理由に収監されなかった暴力団幹部について京都府立医大病院(京都市)が検察に虚偽報告したとされる事件で、京都府警OBが数年前、府立医大の吉川敏一学長(69)と幹部を引き合わせていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。吉川学長と幹部は祇園などで飲食を重ねOBは約3年前、この幹部との不適切な関係で懲戒処分を受けていたことも判明した。

 捜査関係者によると、府警OBは主に暴力団対策を担当していた元警部補(58)。指定暴力団山口組系淡海(おうみ)一家(大津市)総長、高山義友希(よしゆき)受刑者(60)と不適切な交際があったとして平成26年6月、減給1カ月(10分の1)の懲戒処分を受け、依願退職。高山受刑者とは約30年前に知り合い、連絡を取り合ったり、暴力団関係者が経営する会社に出入りしたりしていたという。

 捜査関係者によると、元警部補は、高山受刑者が26年7月に府立医大病院で腎臓の移植手術を受ける前に、吉川学長に紹介したとみられる。府立医大病院は産経新聞の取材に対し、高山受刑者と吉川学長が病院内で会ったことは認めたが、「病院外で会ったということは聞いていない」としている。

 高山受刑者の移植手術をめぐっては当初、府立医大病院の医局で受け入れないことを決めたのに、吉村了勇(のりお)院長(64)ら幹部の判断で実施が決まったことが、判明している。

 府警は、高山受刑者の病状について「BKウイルス腎炎」を発症したなどとし、「刑事施設での拘禁に耐えられない」と報告していたとの吉村院長名の報告が虚偽だった疑いがあるとして、虚偽公文書作成容疑などで学長室を家宅捜索している。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。