東大・推薦と京大・特色の高校別合格者数 厳しい出願基準、中高一貫校に強み (1/2ページ)

2017.02.17

 東大と京大の推薦(特色)入試は、どうなっているのか。2月10日現在判明分(判明率83・9%)の東大・推薦と京大・特色の高校別合格者数合計ランクを紹介したい。

 2年目を迎えた東大の推薦入試の志願者は昨年と同数の173人。合格者は71人、競争率は2・4倍。東大は「昨年に続き、今年も思うような人材が取れた」という。

 京大の特色も3月に試験が実施される法学部を除いて、志願者は374人で昨年より82人増。合格者は97人、競争率は3・9倍だった。

 出願基準は昨年と変わらず高く、簡単に合格できない。数学や物理など科学オリンピックのメダリスト、英語にたけていること、高校時代に論文を発表して賞を受けていることなどが求められる。書類審査後、プレゼンやグループディスカッションを行い、センター試験の成績とあわせて合否が決まる方式が多い。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。