森友学園・籠池氏が語っていた「どん底」 寄付金、志願者数も疑念浮上に松井大阪府知事「詐欺的」 (2/3ページ)

2017.03.08

小学校開設をめぐり報告の誤りが指摘される森友学園
小学校開設をめぐり報告の誤りが指摘される森友学園【拡大】

  • <p>籠池理事長の言動は教育勅語の精神に合致しているのか</p>

 籠池氏と政界との関係については、2014年6月から教育再生首長会議の会長を務める松浦正人・山口県防府市長が、政治団体・大阪維新の会の中川隆弘府議に紹介したと認めた。

 松浦氏によると、14年10〜12月ごろ、豊中市選出の中川氏や同市の会社経営者の知人数人に籠池氏を紹介。「私も応援しているから、応援してやってくれ」と電話で伝え、協力を依頼した。籠池氏とは面識がなかったが、月刊誌で松浦氏の名前を知った籠池氏から手紙が届き、小学校の開設計画を知ったという。

 松浦氏と籠池氏が直接会ったのは、翌15年の月刊誌「致知」(致知出版社)4月号に掲載された対談だった。

 「教育に懸ける思い」と題された対談では、籠池氏が「全く『教育勅語』を知らない人たちが家庭を持ち、社会で活躍するようになってから、日本の教育がおかしくなってしまった」と持論を展開、運営する保育園で「教育勅語」を取り入れた意義を強調した。

 松浦氏から「なかなか理解されないことも多かったのではないですか」と問われると、籠池氏は「まさに苦境でした」として、各方面から中傷を受けたほか、借金や阪神淡路大震災、保育園を乗っ取られたと吐露。「通帳残高は三万円でした」「家内は自殺を考えたといいます」と続けた。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。