ナマコ密漁で元暴力団組長らに1億円賠償命令

2017.03.11

 ナマコ約58トンを密漁され損害を受けたとして、青森県むつ市の川内町漁業協同組合が、北海道函館市の暴力団組長だった男(45)=漁業法違反罪などで服役中=ら5人と買い取り業者に賠償を求めた訴訟の判決で、青森地裁(田中一彦裁判長)は10日、元組長ら3人に請求通り1億円の支払いを命じた。

 3日の第1回口頭弁論で、答弁書を提出しなかったことなどから3人は事実を争わないとみなされ即日結審していた。残る2人と業者は訴訟が分離され、請求棄却を求めている。

 判決によると、3人は2015年3〜10月、川内町漁協が漁業権を持つ海域でナマコを密漁し、計約1億9千万の損害を与えた。漁協は損害の一部を請求していた。

 刑事裁判では、首謀者とされた元組長に仙台高裁が16年8月、懲役1年6月の判決を言い渡し、確定した。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。