DeNAサイト問題で記事2万本に不正、医薬法違反も10本 女性執行役員辞任へ

2017.03.14

情報サイト問題に関する第三者委の調査報告を受けて、記者会見するDeNAの南場智子会長=13日午後、東京都渋谷区
情報サイト問題に関する第三者委の調査報告を受けて、記者会見するDeNAの南場智子会長=13日午後、東京都渋谷区【拡大】

  • <p>情報サイト問題に関する第三者委の調査報告を受け、記者会見で謝罪するDeNAの南場智子会長(右)、守安功社長(中央)ら=13日午後、東京都渋谷区</p>
  • <p>情報サイト問題に関する第三者委の調査報告を受け、記者会見するDeNAの守安功社長(左)と南場智子会長=13日午後、東京都渋谷区</p>

 ディー・エヌ・エー(DeNA)の情報サイトでデタラメな医療情報の掲載や記事の盗用が指摘された問題で、第三者委員会の調査報告書が13日発表された。37万本超の掲載記事のうち盗用など複製権侵害の疑いのある記事が最大2万本、医薬関係の法令に違反した記事も10本あると結論付けられた。

 このほか、サイトに掲載した画像のうち最大で74万7643件に複製権侵害の疑いがあることも判明した。

 問題の責任を取り、守安功社長は月額報酬の減額幅を30%から50%に拡大、情報サイト事業を統括していた村田マリ氏は執行役員を辞任する。また、創業者の南場智子会長に再び代表権を与える人事も発表した。

 まとめサイト問題のキーパーソンとされる村田氏は、2013年に住まいやインテリア関連のサイト「iemo(イエモ)」を起業し、14年に、別のネット企業とともに50億円でDeNAに買収され、村田氏は同社執行役員となった。問題発覚後、昨年12月の記者会見にも出席していなかった。

 調査報告書では、他の記事の複製や引用が不適切と見なされる記事が多数あったと指摘。外部のライターに他のサイトからの転用を促すようなマニュアルを作成していたことも認定した。

 医薬関係の法令違反が疑われるケースでは、せき止めに効果があるとされる市販薬や不妊を改善する働きがあるとしたサプリメントを紹介する記事などで、薬のメーカーが認めていない効能に言及するなどしていた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。