近赤外線でがん消滅 治療期間わずか2日、転移がんも攻撃 日本人研究者・小林久隆氏が開発 (1/2ページ)

★近赤外線でがんが治る・前編

2017.03.15

近赤外光線免疫療法の仕組み
近赤外光線免疫療法の仕組み【拡大】

  • <p>小林久隆氏</p>

 テレビのリモコンなどに使われている人体に無害な近赤外線を当て、がん細胞を壊す新たな治療法が世界の注目を浴びている。治療に要する期間はわずか2日で、がん細胞を短時間のうちに消滅させ、転移がんも治すというから驚きだ。実は開発したのは日本人研究者。実用化に向け、陣頭指揮を執る米国立がん研究所(NCI)の小林久隆・主任研究員が画期的治療法の全容を語った。

 驚異の治療法の名は、「近赤外光線免疫療法」(光免疫療法)と呼ぶ。

 光免疫療法に用いるのは、がん細胞にくっつく性質を持つ抗体だ。これに、近赤外線で化学反応を起こす「IR700」という色素を付け、体内に送り込むと、がん細胞に届いて結合。そこに近赤外線を浴びせると光化学反応が起こり、がん細胞が破壊される−という仕組みだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。