森友問題、ジャーナリスト暴露の狙い 「内閣2つ吹っ飛ぶ」「現職閣僚から数百万円」 (1/3ページ)

2017.03.17

持論を展開する菅野氏
持論を展開する菅野氏【拡大】

  • <p>菅野氏から取材を受けた籠池氏。事態はあらぬ方向に</p>

 学校法人「森友学園」をめぐる問題が異様な展開だ。記者会見をドタキャンした籠池(かごいけ)泰典理事長(退任を表明)に代わる形で報道陣に対応したのは、森友問題を追及していた著述家の菅野完(すがの・たもつ)氏(42)だった。「現職閣僚との数百万円の金銭の授受」「内閣2つ分が吹っ飛ぶような情報」など、物騒な話も飛び出したが、いったい背景に何があるのか。

 「俺が(代表して話を)聞いとったる!」

 15日午後、東京都内の自宅前で報道陣に囲まれ、関西弁でこう話した菅野氏。同日夜、籠池氏のインタビューを終えて再び姿を見せ、「金銭の授受を含む、とある政治家とのやりとりを聞きました」と語った。

 −−与党か?

 「そうですね」

 −−現職閣僚か?

 「そうですね」

 −−額は数百万円?

 「そんなレベルですね」

 報道陣とこんなやりとりをした菅野氏。閣僚の名前を明らかにしておらず、「物証はなく証言しかない」としている。

 閣僚が金を受け取ったのではなく、渡したという前代未聞の事態について菅野氏は「政治資金規正法には違反しないと思うが、国会で虚偽答弁になるのでは」との見方を示した。ネット上では、大物閣僚や、地盤が比較的近い政治家の名前など真偽不明の情報が取り沙汰されている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。